THIS IS IT

さようなら、マイケルジャクソン。
c0198367_10374767.jpg

リハーサルでもあれ程素晴らしいMJ.
軽くこなすステップ。
しなやかでシズミカルで天性のダンスのセンスが光っていました。
ブランクを感じさせない完成度。
きっとトレーニングは欠かさなかったのでしょう。

バックダンサーの素晴らしい事。
どんな振付でも当たり前のようにこなしている技術力。
ほんの少ししか出ていなかったダンサーのオーディション風景でしたが
目を奪われるほどのレベルの高さ。
世界中のプロダンサーが集結したみたい。
皆MJと共演できる事が最高の幸せだったような雰囲気でした。

バックコーラスの実力の確かさ。
どの人がリードを取ってもおかしくない位の素晴らしい歌声。
それがMJの後ろで彼の歌を邪魔しないように、時には強く、時には軽やかに、
幅のある歌を作り上げています。

マイケルはいつもスタッフに優しく語りかけ、決して声を荒げる事もなく
希望を伝えています。
全てに完璧な舞台を考えるマイケル。

ギターもドラムもピアノも全ての人が超一流。
全てがマイケルの舞台に厚みと広がりを与えていました。

あれほどの完成度の高い舞台なら、何十万円のチケットでも
飛ぶように売れるという事の意味、価値が良く分かりました。

コンサートの為に映画まで作ってしまい
映画監督はじめ、舞台監督、大勢のスタッフを動員するマイケルのコンサート。
衣装もスワロフスキーを全身に貼り付け、凝りに凝り、
クレーンを動かし、花火を打ち上げての壮大な舞台。
もしかして、これでは利益は出ないのでは、なんて考えてしまいした。

きっと半分も力を出していないリハーサルの風景でも
想像以上の素晴らしいマイケル。
美しく透き通るような歌声、生き生きと披露するダンス。
素晴らしいコンサートになった事は間違いないのに。。。

生きているマイケルを見れる最後のチャンスと思ったら
Beat It の時には、もう、涙、涙。。。。

リハーサル映像を撮っていたのは、もしかしたら
この後を知っている神様の、ほんの少しの憐みだったのかもしれません。

マイケルの歌を知っている人は是非お見逃しなく。
今週金曜日でもう終わります。延長はないそうです。

「是非、御覧になって。素晴らしいわよ。」と教えて下さった
たえ子先生に感謝いたします♪
「もう五回も見ましたの。凄いです。」と御話し下さった
素敵なマダムもいらっしゃいました。

白いお花を捧げます。<サマースノー>
c0198367_118616.jpg

[PR]
by nonno-09 | 2009-11-25 11:10 | お出かけ
<< 鉢バラの植え替え 植え替え作業 >>